堀裕子行政書士事務所|滋賀・京都での会社設立、建設業許可のご相談の事なら

堀裕子行政書士事務所お問合せ|077-562-8707

建設業許可申請について

建設業の許可について

< 取得要件の確認作業 >

建設業許可にはいくつかの要件があります。
堀裕子行政書士事務所では、お客様に書類等をご提示いただいたり、お話を伺いながら、確実な取得に向けての確認作業を行います。

Q 許可って絶対いるの?
A いえ、建設業の中でも、一件の請負代金が、下記の表にあるような内容なら許可がなくても大丈夫です。
うちはとれるかな?ご相談はこちら
建築一式工事 : 工事1件の請負代金が1,500万円に満たない工事
または、延べ面積が150平方メートルに満たない木造住宅工事(延べ面積の2分の1以上を居住の用に供すること)
その他の工事 : 工事1件の請負代金が500万円に満たない工事
Q 個人事業主でもとれる?
A はい。極端な話、一人親方さんでも取ることは可能です。
逆に、個人で持っていた許可でも法人化すると取り直しになります。加えて個人の許可について廃業届の提出が必要です。
法人化の予定があれば、法人化してから許可を取るのが手順でしょう。
ちなみに、有限会社から株式会社に組織変更した場合は商号・名称等の変更届となります。
法人化を考えてる・・ご相談はこちら
組織変更したんだけど・・ご相談はこちら

設計業の種類

業法では、建設工事の種類ごとに業種を区分し(28業種)、業種ごとに建設業の許可が必要であることとしています。

Q どんな種類があるの?
A 下記のリストの通りとなります。28業種ございます。
実際には、なかなか何工事とはっきり割り切れない工事もあります。
たとえば、管工事は何かの設備をいじると同時に発生することが多いです。
空調の機械を取り付けるときだったり、流し台やトイレの内装工事とセットでその給排水の工事をしたり・・
あるいは、エクステリアなんかだと、造園業だけかと思っていたら、ブロック塀を作るとそれはとび土工に入ったりします。
うーーーん・・・うちは何工事が主?あるいは、これから何をメインにやっていこう、そういうことも許可申請時には考えます。
うちはとれるかな?ご相談はこちら
建設工事の種類 建設業の種類 建設工事の内容
土木一式工事 土木工事業 総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物を建設する工事
(補修、改造又は解体する工事を含む。以下同じ。)
建築一式工事 建築工事業 総合的な企画、指導、調整のもとに建築物を建設する工事
大工工事 大工工事業

木材の加工又は取付けにより工作物を築造し、

又は工作物に木製設備を取付ける工事

左官工事 左官工事業 工作物に壁土、モルタル、漆くい、プラスター、繊維等をこて塗り、吹付け、又ははり付ける工事
とび・土工・コンクリート工事 とび・土工工事業
足場の組立て、機械器具・建設資材等の重量物の運搬設置、
鉄骨等の組立て、工作物の解体等を行う工事
くい打ち、くい抜き及び場所打ぐいを行う工事
土砂等の掘削、盛上げ、締固め等を行う工事
コンクリートにより工作物を築造する工事
その他基礎的ないしは準備的工事
石工事 石工事業 石材(石材に類似のコンクリートブロック及び擬石を含む。)
の加工又は積方により工作物を築造し、又は工作物に石材を取付ける工事
屋根工事 屋根工事業 瓦、スレート、金属薄板等により屋根をふく工事
電気工事 電気工事業 発電設備、変電設備、送配電設備、構内電気設備等を設置する工事
管工事 管工事業 冷暖房、空気調和、給排水、衛生等のための設備を設置し、
又は金属製等の管を使用して水、油、ガス、水蒸気等を送配するための設備を設置する工事
タイル・れんが・ブロック工事 タイル・れんが・ブロック工事業 れんが、コンクリートブロック等により工作物を築造し、
又は工作物にれんが、コンクリートブロック、タイル等を取付け、又ははり付ける工事
鋼構造物工事 鋼構造物工事業 形鋼、鋼板等の鋼材の加工又は組立てにより工作物を築造する工事
鉄筋工事 鉄筋工事業 棒鋼等の鋼材を加工し、接合し、又は組立てる工事
ほ装工事 ほ装工事業 道路等の地盤面をアスファルト、コンクリート、砂、砂利、砕石等によりほ装する工事
しゅんせつ工事 しゅんせつ工事業 河川、港湾等の水底をしゅんせつする工事
板金工事 板金工事業 金属薄板等を加工して工作物に取付け、
又は工作物に金属製等の付属物を取付ける工事
ガラス工事 ガラス工事業 工作物にガラスを加工して取付ける工事
塗装工事 塗装工事業 塗料、塗材等を工作物に吹付け、塗付け、
又ははり付ける工事
防水工事 防水工事業 アスファルト、モルタル、シーリング材等によって防水を行う工事
内装仕上工事 内装仕上工事業 木材、石膏ボード、吸音版、壁紙、たたみ、ビニール床タイル、カーペット、ふすま等を用いて建築物の内装仕上げを行う工事
機械器具設置工事 機械器具設置工事業 機械器具の組立て等により工作物を建設し、
又は工作物に機械器具を取付ける工事
熱絶縁工事 熱絶縁工事業 工作物又は工作物の設備を熱絶縁する工事
電気通信工事 電気通信工事業 有線電気通信設備、無線電気通信設備、放送機械設備、データ通信設備等の電気通信設備を設置する工事
造園工事 造園工事業 整地、樹木の植栽、景石のすえ付け等により庭園、公園、緑地等の苑地を築造する工事
さく井工事 さく井工事業 さく井機械等を用いてさく孔、さく井を行う工事又はこれらの工事に伴う揚水設備設置等を行う工事
建具工事 建具工事業 工作物に木製又は金属製の建具等を取付ける工事
水道施設工事 水道施設工事業 上水道、工業用水道等のための取水、浄水、配水等の施設を築造する工事、又は公共下水道若しくは流域下水道の処理設備を設置する工事
消防施設工事 消防施設工事業 火災警報設備、消火設備、避難設備若しくは消火活動に必要な設備を設置し、又は工作物に取付ける工事
清掃施設工事 清掃施設工事業 し尿処理施設又はごみ処理施設を設置する工事

許可の区分

< 国土交通大臣許可と知事許可 >

国土交通大臣許可:滋賀県内および他の都道府県に営業所を設ける場合
知事許可:滋賀県内のみに営業所を設ける場合

< 一般建設業の許可と特定建設業の許可 >

特 定 建 設 業 :

発注者から直接請け負った1件の建設工事について、3,000万円以上(建築一式工事については4,500万円以上)

の下請契約をして、施工しようとする者

一 般 建 設 業 : 特定建設業以外の者

許可の要件

建設業の許可を受けるためには、次の5つの要件を満たしていなければなりません。

  1. 1 経営業務の管理責任者の要件

  2. 許可を受けようとする業種の経営業務の管理責任者経験が5年以上(許可をとろうとする業種以外の建設業だと7年以上)あるものが最低1人はいること。
    法人で許可を受けるなら、その法人の常勤の役員でなければなりません。個人なら事業主さんか支配人です。支配人は、支配人登記がされていることが必要です。
    支配人登記は結構レアケースです。当事務所までお気軽にお問い合わせくださいませ。
    また、この証明の確認資料につきましては、慎重にそろえる必要があります。こちらもいつでもお問い合わせください。

  3. 2 専任技術者の要件

  4. すべての営業所に、次のいずれかに該当する専任の技術者がいること。
    ・一般建設業の場合
    イ)所定の学科を修めた者で、高校もしくは中学校卒業後5年以上、大学卒業後3年以上の実務経験を有する者
    ロ)10年以上の実務経験を有する者・・・2業種なら20年になります!(大工と内装については緩和措置があります。)
    ハ)資格免許を有する者・・・資格と受けられる業種との関連表については、滋賀県の資料をご参照ください。 技術者資格一覧(PDF:24KB)

    *特定建設業の場合はお問い合わせくださいませ

  5. 3 誠実性の要件
  6. 4 財産的基礎の要件
  7. 5 欠格要件等
まずはお気軽にお問合せ・ご相談ください!!